バレエ留学は子供に行かせるべきか?

バレエ留学は子供に行かせるべきか?

バレエ留学は子供に行かせるべきか? バレエ留学を自分の子供にさせるかどうかの判断は、親御さんがお子さんに何を出来るような人間になって欲しいと願っているかによります。
子供がバレエ留学するということは、生半可ことではありません。
それこそ、獅子が我が子を谷底に落とすくらいの事といえます。
子供が外国に行き、バレエの他に、生活そのものが大きく変わることに適応出来るようにならなくてはいけませんが、多くの子供は一朝一夕には出来ません。
毎日が試練の連続という日々を暫くは余儀なくされます。
現実問題、バレエを鍛練しながら、語学力、生活力、協調性、加えて自主性に、自己主張能力もすべて同時進行で頑張らなくてはいけないわけです。
しかし、それを、自分の子には厳しすぎると考えるか、若いうちに苦労させて自立をうながそうと考えるかは、各親御さんの、それぞれの子育て考え方ですから、いちがいにどちらが良いとは言えません。
しかし、芸術を通して、その子ののびしろを伸ばしてあげようと考えたり、若いうちから責任感の持てる人間にして生きる力を育むという意味では、留学はまたとないチャンスと言えるのも事実です。
さまざまなカルチャーショックを受けることで、視野の広い人間に育つ可能性は高いと言えます。

バレエ留学で子供はどう変わる?

バレエ留学で子供はどう変わる? 子供は伸びしろの塊です。
それは、大人が考えるものとは比較にならないほど、環境次第で良くもなりえ、悪くもなりえ、また、どちらにも伸びないことにもなりえます。
多くの大人が、子供の柔軟性について、想像出来ているとは言えません。
なぜなら、皆、大人になる過程で自然にその感覚を失っているので、分からなくなるのが当然なのです。
しかし、子供の将来やしあわせを考えるとき、そのことを今一度考える必要があります。
バレエで留学するということはどういうことかというと、ぬるま湯から厳しい外海に放り出すようなイメージです。
彼らは自分で必死に泳がなくては生きていけないことを身をもって知ります。
過去にバレエ留学をした人は皆、価値観が変わると言います。
それだけ、厳しい世界で頑張ることで、自己肯定感が育まれ、洗練されるということです。
ひとは、厳しいけれどやりがいがある事で揉まれると、大人ですら変わります。
それが、まだ感性が柔らかい、吸収力のある子供だったら、どれ程変わるのか、ぬるま湯につかっているのとは雲泥の差になるのは当たり前です。
子供にとっては試練ですが、大人になってからその経験に感謝するのが当然です。
なぜなら、バレエにとどまらず世の中は常に試練の連続なのですから、それに自分で対応する能力を培うということは、生きる力そのものを培うと言えるからです。
積極的な外国人にまじって、生活も自己管理するバレエ留学は、人間修行とも言えます。

ダンス教室へ

新着情報

◎2017/7/26

バレエの習い事にかかるお金
の情報を更新しました。

◎2017/4/5

バレエレッスン時の髪型
の情報を更新しました。

◎2017/2/2

バレエで必要な用品とは
の情報を更新しました。

「バレエ 子供」
に関連するツイート
Twitter

ウェディングドレス、バレエコスチューム、子供がはじめて着た衣服、制服などを主な題材とし、衣装と共に想い出の品物をフレーミングすることもある。

赤羽会館か。 子供バレエの発表会で踊ったところ

ニコライ2世は、ロシアで約300年続いた王朝・ロマノフ朝、最後の皇帝です👑✨ロシア革命を引き起こす要因となり、子供ふくめ一家で処刑されてしまいます。このラストエンペラーの最期は、近代史でも有数の悲劇としてその名を歴史に残した😰 #ロシア #プーチン #バレエ #恋愛 #マチルダ禁断の恋 pic.twitter.com/YlLv0kssGp

Twitter映画『マチルダ 禁断の恋』@mathildemovie

返信 リツイート 18:14

!!バレエスタジオエクラ!! 4月より本格的に開講! 子供から大人まで 趣味クラスから本格的にテクニックを磨くクラスまで 色々なクラスがございます! 自分に合ったレッスンで 楽しく身体を動かしましょう!ଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧

Twitterバレエスタジオエクラ@eclatballet

返信 リツイート 17:28

子供の頃に通っていたピアノにしてもバレエにしても先生が怖かったんだよな。ピアノもバレエも長続きしなかったけど、今更ながらピアノをもう一度どこかで教えてもらいたい

Twitterkobon٩( 'ω' )و!!@xxkobonxx

返信 リツイート 17:15

人の成長に責任を持つというのは、気軽ではありません。 バレエを気軽に教える事は、できないのです。 また、こちらが真剣に指導したつもりが、小さな子どもの心や体を傷つけ、長く影響を残すことにもなり得ます。 気軽に教えない=ただ、ただ厳しいではない。

お昼休みだから回答編(*´ー`*) 1.小学生時代はクラシックバレエとサッカーを掛け持ちしたそれなりにアクティブな子供だった

久々に私に連絡くれる人は大体子供にオススメのバレエ教室聞いてくるか発表会の参加費ってどのくらい?の質問が多い。。。何年ぶりかの連絡がそれって。。。私も都合良く使われてるなー。。。

よくよく思い出してみたら、バレエの先生、小学生の私を容姿で否定してきたし(バレエ体型じゃないから向いてないなど)、小5のときに「もうすぐ初潮迎えるよ」と言ってきたり、簡単に子どもを傷付けてた。 お芝居の現場ってそんなもんなのかもしれない。

はーい、週末土日共にバレエ入ったからクリスマス中インはなしじゃね?ってなってる子供たち